長谷川克英_改

長谷川克英

 

公認段位 全日本空手道連盟 6段 糸東会 6段

  • 全日本空手道連盟全国公認組手審判員(A級ライセンス)
  • 全日本空手道連盟全国公認形審判員
  • 全日本空手道連盟教士
  • 日体協上級コーチ
  • 全日本空手道連盟糸東会師範
  • 全日本空手道連盟糸東会技術本部選手強化副委員長
  • 全日本空手道連盟糸東会関東地区審判委員長
  • 山梨県空手道連盟常任理事
  • 山梨県空手道連盟審判部会長
  • 山梨県空手道連盟糸東会強化部会長

大会戦績

 

  • 1992 第11回世界空手道選手権大会(スペイン)  優勝
  • 1993 第1回アジア空手道選手権大会(台湾)    優勝
  •      第1回糸東会世界選手権大会 (日本)    優勝
  • 1994 第12回世界空手道選手権大会(マレーシア) 優勝
  • 1995 第2回アジア空手道選手権大会(フィリピン) 優勝
  • 1996 第13回世界空手道選手権大会(南アフリカ) 優勝
  •      第2回糸東会世界選手権大会 (メキシコ)  優勝
  • 1997 第3回アジア空手道選手権大会(マカオ)   優勝
  • 1998 第14回世界空手道選手権大会(ブラジル)  優勝
  • 1999 第4回アジア空手道選手権大会(シンガポール)優勝
  • 2000 第15回世界空手道選手権大会(ドイツ)   優勝
  •      第3回糸東会世界選手権大会 (日本)    優勝
  • 2001 第5回アジア空手道選手権大会(マレーシア) 優勝
  • 2002 第16回世界空手道選手権大会(スペイン)  優勝
  • 2004 第6回アジア空手道選手権大会(台湾)    優勝
  •      第17回世界空手道選手権大会(メキシコ)  優勝
  • 2007 第48回全ハワイ州・ホノルル国際大会    優勝

最後に出場した大会は2007年のホノルル大会で、

親子3人(克英・敬太・裕介)で団体形に出場し2部門で優勝を果たした。

 

【1992〜2002年 世界大会6連覇 12年間】

空手歴

昭和56年4月、県立峡南高校入学と同時に空手を始める。

昭和63年(22歳)で結婚、空手界から退く。

平成4年、再び空手界への道を歩み始め、長いブランクを乗り越え、その年にナショナルチーム入りし、

3兄弟で世界大会に出場。

世界の頂点へ立つ。

平成7年に増穂道場を開校し、14年には甲斐市(旧双葉町)に本部道場を設立し、長谷川空手スクール英心館と改める。

平成17年に現役を引退し、甲府市に酒折道場を設立。

これまで25年間お借りしていた増穂道場から、今回3つ目の道場となる南アルプス道場を新設し、

24時間いつでも英心館の道場で練習できる環境を整える。

4歳~65歳の熟年の方までを数え、毎日(月~土)生徒とともに汗を流している。

毎週金曜日には本部道場に置いて、チャンピオンコースを開き、約30名の生徒を交えての稽古は夜遅くまで。

生徒の中には県チャンピオンを始め、関東・全国・世界大会で活躍しているトップ選手がいる。

現在、山梨県をはじめ関東や全国までの子供から大人までを指導し、毎日が空手三昧である。

平成23年には全日本空手道連盟全国公認組手審判員資格、平成24年から7年、全国公認組手審判員A級ライセンスを取得し、

審判員としても国民体育大会や全日本空手道選手権大会でも活躍。

平成26年までの約10年間は、関東選手権大会、国民体育大会、全日本選手権大会で山梨県監督としてチームを支える立場だった。

自分の好きな空手をして、自分の持っている全てを生徒たちに教え、空手道発展のために頑張っている。

 

Written By Matsunaga.